神奈川県弓道連盟ホームページ

神奈川県弓道連盟 団体紹介

伊勢原弓道協会


団体名 伊勢原弓道協会
本拠道場 伊勢原市青少年センター弓道場
会員数 133名 (平成29年5月1日現在)
役員 会長 矢作 康弘
副会長 佐藤 善雄 、真野 章代
理事長 久保薗 晃一
理事 8名
伊勢原弓道協会HP https://isehara-kyudo-club-page.jimdo.com/


  昭和34年10月に、「神奈川県総合体育大会」の参加を目指し中郡の予選に出場のため、山田吉則氏(現名誉会長)を中心にして5名で伊勢原町体育協会弓道部として登録、第一回中郡弓道大会で伊勢原町が優勝、これが当協会の原点であった。

 昭和43年に、当時気鋭の長嶋孝作氏(故・教士八段)が伊勢原に転居をされてきたことが契機となり弓道場の建設を目標に奔走、当時の有力者関係者や秦野高校・伊勢原高校OBの方々の理解と協力のもと、昭和46年8月借地ながら3人立の弓道場が完成し、この日をもって「伊勢原弓道協会」を正式に発足させ初代会長に山田吉則氏が就任した。同時に神奈川県弓道連盟に加盟、長嶋孝作氏の指導のもとに本格的な活動を開始した。

 昭和55年1月に、県立青少年会館の付属施設として3人立の弓道場が併設され当協会もあわせて活動拠点をここに移転をした。さらに平成8年4月より当該施設が青少年センターとして伊勢原市に移管され現在に至っている。

 平成21年10月には、文部科学省より、「生涯スポーツ優良団体賞」を受賞して会の活動に大きな励みとなった。会員も、年々増加をして女子会員も半数以上を占め、協会の運営や対外活動に積極的に取り組んでもらっている。また近隣の「東海大学医学部」の学生も毎年入会し、常時20人〜25人程度在籍をしており、卒業後も全国どこに赴任しても伊勢原を忘れずに弓道を継続してもらうことを期待している。

 平成23年8月には当協会も設立40周年を迎え、会員相互で培った団結力で今後もさらなる発展をしていきたいと願っている。
※現在の構成
教士六段:3名、 錬士六段:7名、 錬士五段:5名
五段:9名、四段:16名、参段:23名、弐段:20名、初段以下:50名
更新2017.5




ホームページへ戻る 前のページへ戻る
Copyright (C) 2012-2017 神奈川県弓道連盟 All Rights Reserved.